時代にあった会社に生まれ変わりたいなら社労士に相談
時代にあった会社に生まれ変わりたいなら社労士に相談

時代にあった会社に生まれ変わりたいなら社労士に相談


就業規則の見直しをする

就業規則は、従業員が仕事をするときに守るべきルールです。就業規則があれば、従業員が不利益を被ることを防げますし、逆に問題を起こした従業員を罰することもできます。会社と従業員が将来起こり得るトラブルを防ぐためには必要なものです。しかし、働き方というのは時代とともに変わります。例えばインターネット及びデジタルデバイスが普及する以前と以後を比べれば、仕事の内容は大きく変わっています。また法律の改定やパワハラやセクハラに対する人々の意識の変化なども、働き方を変えていく要因です。この変化に合わせて、就業規則を見直す必要があります。

就業規則の見直しを行うためには、法律に抵触していないかどうか確認が必要です。そこで、専門家である社労士に相談をすれば違法な就業規則になるのを防げます。社労士への相談は、就業規則を変化に対応する内容に変えるだけでなく、従業員から信頼される内容になることも期待できます。アドバイスをもとに、就業規則の手直しをしていけば事業を円滑に行うことができるようになるでしょう。

社労士に就業規則の運用実態を調べてもらう

就業規則が素晴らしい内容であっても、そのとおりに運用されていなければ意味がありません。社労士に就業規則の作成や見直しをしてもらうならば、運用実態も調べてもらいましょう。依頼を受けた社労士は従業員へのヒアリング等をもとに問題点をあぶり出し、解決に力を貸してくれます。そうして就業規則が正しく運用される会社となることで、労使間のトラブルは減り従業員は肉体的・精神的なストレスを抱えることなく働けるようになるでしょう。

企業と労働者、両方の味方が渋谷の社労士です。専門家の立場から安心安全な労働環境を作るお手伝いをしてくれます。